エンゼル保育園からのお知らせ


広い園舎、広い園庭で伸び伸び保育。
保育方針は健康、勇気、忍耐、自信、この四つを培う事を基本理念として、
静動のけじめを保育の一環として日常の保育に取り入れている。

  1. 健康な身体を作る(健康が基本)   
    中国では健体康心と言われ、健全な身体に康らかな心が宿ると言われている。
  2. 積極性を養う
    自らの行動を大切にし、発声を重視して勇気を培うと同時に自立心、自主性につなげる。
  3. 我慢する心を大切にする(忍耐)   
    人生にとって我慢の大切さを孟子も説いています。人の一生にとって我慢する事は不可欠である。
  4. 優しく思いやりの心を育てる。   
    優しさは、優れるから生まれるもの。善悪を大切にする。

この四つを履行することから勇気・自信はおのずと培われる。
自信は人生にとって最も大切なもの。強くなれ強くないと人は救えない。
また自分も幸せになれない。男の子は強く逞しい子に、女の子は優しい子に、しかし、必要な時は「いや」と言える子に。これが当園の “ 夢 ” です。

「はい」という素直な心
「すみません」という反省の心
「おかげさまで」という謙虚な心
「させてください」という奉仕の心
「ありがとう」という感謝の心

5つの心を大切に、元気のある保育に努めています。

  1. 叱る言葉より、ほめ上手になるよう務める。
  2. 園児主体的な活動を大切に保育する。
  3. ユーモアを忘れずに明るく、楽しく、元気のある保育をする。
  4. けじめのある保育に努める。
  5. 忍耐強く、結果を急がず、無私の気持ちで保育する。

以上を念頭に熱意と愛情を持って、常に前向きな姿勢で保育に取り組んでいます。